鳩駆除業者選びと家庭でできる対策方法の紹介

男の人

簡単にできる鳩対策

男性作業員

ベランダに鳩が住み着いているが、鳥獣保護法により直接駆除できないため困っている人が多くいます。鳩は自分の家に帰る習性が強く、何度追い払っても戻って来てしまうことがあるため、しっかりとした対策が必要です。
鳩対策として一番行われているのが、猫や蛇の置物を巣の近くに設置することです。今まで無かった場所に天敵が現れることで警戒し、逃げていくようです。しかし、鳩は家に戻る習性が強いため、時間を置いて戻ってきます。そのうち置物が自分に危害を与えないと判断すると置物を無視するようなるようです。戻ってきてしまった場合は置物を変えるか、他の対策を考えることが必要です。他にもベランダなどに巣を作ってしまった場合には、市販されている鳥の侵入防止用ネットを利用することで高い効果を発揮します。気をつけたい点として、ベランダにネットを張った際に隙間ができてしまうと、その隙間から侵入してきます。
他にもテグスを巣の周辺に囲うように張ることで、鳩がテグスに当たることを嫌がり、寄り付かなくなるそうです。他にも芳香剤を置いておくだけでも寄り付かなくなるとも言われています。タバコを利用しニコチンの含んだ撃退方法もあるようですが、毒素が発生するため、間違って殺してしまった時は問題になってしまいます。
鳩害は始めのうちは小さい被害で済むので放置しがちです。しかし、鳩が完全に住み着いてから対策したのでは鳩の執念も違い、何度も戻ってこようとします。ベランダなどで鳩を目撃する回数が増えていたら、早めの対策することで鳩害を抑えることができます。自力での対策が難しい場合は専門の業者に依頼するのが良いでしょう。